ペットサロン等が使える小規模事業者持続化補助金

ペットサロンなどで使える補助金があります

ペットサロンなどを経営されている方で、店舗のリニューアルや新たな販路開拓のための機器の購入費用などに使える補助金があります。

環境省のホームページでも、このような告知がされています。
この補助金は「小規模事業者持続化補助金」といって、常時使用する従業員の数が5人以下の場合、一般型では上限50万円まで補助されます。
たとえば、75万円分の広報費・機器装置購入などに使いたい場合、50万円が補助されます(補助率3分の2)。

新規の事業は計画通りに売り上げが上がらないことも十分ありえます。
設備投資にはまとまった資金も必要になりますので、リスクもあります。
もし、返済不要の補助金が活用できれば、リスクを減らしながら経営することができます。

とても人気の補助金ですが、申請すれば必ずお金が補助されるわけではなくて、
申請書の審査を経て採択され、対象期間中に支払いが完了したものにだけ補助金が交付されます。

環境省公式サイトより
 
 

小規模事業持続化補助金の補助対象となる経費

上記の経費が対象となります。
汎用性が高く目的外使用になりえるもの(車・オートバイ・自転車・文房具・パソコン等)は補助対象外です。

動物に関する事業の採択例

直近の採択例を調べてみましたのでご参考にされてください。
ご自身でも当てはまりそうな事例がありますか?

愛犬家のためのアットホームな安心して預けられるペットホテルの開設
~地区でのペット火葬霊園事業
障がい者がペットと暮らせるグループホームの開設
ペット専用セルフシャンプー&ランドリー展開のための設備導入
屋上運動スペース改良のための開閉テントの設置による販路開拓
トリミング業を開始することによる販路拡大・新規顧客開拓
ジビエペットフードの犬向け販路拡大・自社サイト構築
ジビエを使った安全な犬猫用おやつ開発
地元野菜を活用した犬用無添加フードの販売と広報
犬服と関連商品の新商品開発と新規顧客獲得
全国で初めてだから知ってほしい!鳥さんの幼稚園開園しました
ペット専用ワンランク上のフォトスタジオ開設による売り上げ向上
経済産業省公式サイトの採択例から一部抜粋

申請方法

公募要領を見ていただくとわかりますが、「経営計画書」や「補助事業計画書」といった書類をおよそA4で8ページ程度までの間にまとめる必要があり、電子申請か郵送で行います。
電子申請の方が加点が付くので、ぜひ電子申請を検討したいところです。

補助金事務局に申請する前に、地域の商工会・商工会議所窓口に提出し、「事業支援計画書」の作成・交付を受ける必要がありますので、
余裕を持った申請計画が必要です。

「経営計画書」や「補助事業計画書」の作成にあたっては、行政書士もサポートができますので、
作成にご不安があるかたは、申請サポートをご利用ください。

チャレンジする価値が十分にある補助金だと思います。

その他の補助金もご提案できます

当事務所では、小規模事業者持続化補助金の他にも、ものづくり補助金事業再構築補助金の申請支援も行っています。
要件に当てはまれば、他の補助金にもチャレンジが可能かもしれませんので、一度お問い合わせ下さい。

まずは事前確認シートのご請求をお願いします【無料】

ご依頼の前に、ご自身の事業が補助金の対象になるかを確かめていただくため、
事前確認シートのご記入をお願いしております。
ご記入いただき、当事務所に送っていただいた後でも、必ず依頼しなくても構いませんが、
最初から全く依頼する気持ちがない方からのご請求はご遠慮しております。
内容を判断させていただき、お客様の状況により当事務所でも受任できない場合もございます。

まずは、お気軽に事前確認シートをご請求ください。
ご相談内容に、
「○○〇補助金の事前確認シート希望」とお書きください。
送信いただいたメールアドレス宛に事前確認シートをお送りします。

お客様が事前確認シートにご記入・送信いただきますと、
当事務所で受任の可否をご判断し、ご返答致します。
補助金に採択されるかの判断ではありません。
あくまでも受任できるかの判断ということをご理解ください。