補助金を申請するまでのいくつものハードル。まずはGビズIDアカウントを取得。

Pocket
LINEで送る

補助金って申請するまでに、これでもか、というハードルがあります。

たとえば、全国的にはマイナーかもしれませんが、「神戸市中小企業投資促進助成制度」をみると、
「事業継続力強化計画」の認定を取得することが要件となっていたりします。

そして、その「事業継続力強化計画」を申請しようとすると、今度は電子申請なので、「GビズIDアカウント」の取得が必要とあります。
それもアカウント取得までに2週間かかるとか。
この事業継続力強化計画は、事業完了報告時までの取得が要件なので、申請時に取得しておく必要はないので助かりますが。

本当に、ハードルが多いですね。

この「事業継続力強化計画」はものづくり補助金では加点要素となっていますので、こちらをお考えの方も抜かりなく準備しておくことをお勧めします。

加点要素なしでの申請は、丸腰で戦場に行く(例えが物騒ですみません)ようなものみたいです。

ちなみに「神戸市中小企業投資促進助成制度」、
神戸市内の事業所で、用途地域が限定で中小製造業対象となりますが、女性雇用促進施設(更衣室、トイレ、洗面所、シャワールーム、休憩室、託児スペース、授乳室など)の新設または増設ができます。
*その他設備投資事業もあり
限度額が50万円以上1,000万円までで、補助率が3分の1以内となっています。

令和3年度、4年度と続いていますので、5年度もあるといいのですが。
公募は年に1回、春~夏です。

女性雇用を積極的にお考えの神戸市内の中小製造業の事業者様、
来年度に向けて計画を進めていきましょう。

行政書士もお手伝いできますので、お気軽にお問合せください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です