お墓の引っ越し(墓じまい・改葬)をしました

投稿日: カテゴリー: 改葬・お墓の引っ越し・納骨
Pocket
LINEで送る

令和3年6月。
大阪府のとある方からのご相談。
ご自分亡き後、先祖代々のお墓を管理する人がいないので、お墓を永代で供養してくれるところに移したい、とのことでした。

今あるお墓を移すには、新しい引っ越し先の墓地等を探します。
それと並行して、現在の墓地へお引越しの相談もします。
両方の手続きを取りながら、お墓に埋葬されている方々の戸籍謄本(除籍謄本)や住民票の附票等をより寄せ、死亡・火葬した記録を取り寄せます。
なぜなら、市役所等に提出する書類に記載する事項が色々あるからです。

これに、結構時間がかかります。
ご依頼者の方は、ご先祖様のお亡くなりになった日や最後の住所、本籍地などを正確に覚えているとは限りませんから、それぞれ必要な戸籍などを取り寄せることになります。
最後の住所地も住居表示の変更や市町村合併などで変わっていることもあります。
このご依頼者のご先祖様も除籍していたり、住所地が住居表示変更があったりで、何度か書類の請求し直しを余儀なくされました。
やはり、一般の方は、戸籍などの請求に不慣れであることが当たり前。
どこかで躓くと、お手上げになってしまうことが容易に予想できます。

お墓の引っ越しをするには、市役所などへの改葬許可申請が必要となるのですが、
新しい引っ越し先からの書類、
今あるお墓からの書類等をタイミングよく揃えていかねばならず、
予想以上に大変です。

引っ越しが決まれば、今あるお墓の魂抜き法要をどうするか等の打ち合わせや、
墓石業者さんとの打ち合わせ、お見積もり、
そしてご遺骨の取り出し日を調整など、様々な手続きが必要になります。

行政書士は改葬許可手続きを代行できる唯一の国家資格者です。
お墓探しやお墓との調整、そして納骨手続きの代行まで、遂行させていただくことができますので、ご自身で動かれるのが難しいと思われる方は、是非一度お気軽にご相談ください。

当事務所は兵庫県西宮市にありますが、お墓の引っ越しは日本全国に対応しています。
交通費や宿泊費が発生しますが、事前にお見積もりをし、ご納得の上でご依頼いただけます。

ご連絡先
さくらの森行政書士事務所
電話 0797-26-7274

メールでもご相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です