西宮市の行政書士。成年後見制度利用支援、後見人等候補者就任、任意後見契約、車庫証明申請、不倫慰謝料請求、示談書作成、示談立会い、離婚協議書作成、告訴状作成、内容証明、公正証書遺言原案作成・生活保護のご相談・申請同行など

対話の充実と癒しに目を向けた行政書士事務所。元客室乗務員の行政書士が優しく応対致します。法的次元のみならず、心理的なケアも心がけた面談を取り入れています。

親亡き後の問題

親亡き後の問題

知的障害のあるお子様を持つ親御さんは、お子様の将来を心配して、一生懸命に財産を残そうとされます。
そして、必死でお子様を守っています。

しかしながら、親御さんが元気なうちは大丈夫ですが、親亡き後の前に訪れるかもしれない痴呆や体力の低下などがきっかけとなり、お子様を守ることが出来なくなってしまいます。

そのような事態にならないよう、親御さんが元気でしっかりしているうちにお子様を見守ってくれる人を探し、財産を残すだけではなく、残した財産がきちんと本人のために使えるように手配しておく必要があります。

お子さまだけではなく、親御さんの幸せのためにも、ぜひ利用してもらいたいのが「成年後見制度」です。

当事務所は、成年後見制度を利用して、様々なケースに応じ、どのようなサポートを行なえばよいかを皆様と一緒に考えていきます。


お問い合わせ

子どもの「後見人」「保佐人」「補助人」を選んでおく

作成中

両親自身のために「任意後見人」を選んでおく

作成中

今は成年後見の申し立てをしたくない場合にはどうするか

両親である自分たちが元気なうちは、自分たちで面倒をみて、年をとってきたら成年後見の申し立てをしたいとお考えの方には、
次のような方法があります。

  1. 現時点で両親の任意後見契約を締結する
  2. 任意後見契約の代理権目録の中に、お子様の将来についての「成年後見の申し立てをする権限」を入れておく
  3. 痴呆等で判断能力が低下した後も、親の財産を使って子どもの面倒を見れるようにするには、両親の任意後見契約中に、子どもの生活費などを自分の財産から支払ってくれるように委任しておく

任意後見契約は、ご両親が痴呆のような症状になれらるまでは、スタートしません。
任意後見人は、両親の判断能力が低下してきた場合に任意後見をスタートさせて、両親のための財産管理や生活面の手配をするのと同時に、お子様についての成年後見の申し立てをすることになります。
ですから、ご両親がご健在の間は、十分にお子様に寄り添うことが可能になります。

また、上記のような対策を取っていれば、「まだ、元気。まだ、大丈夫。」と、申立てを先延ばしにしている間に両親が痴呆になり、お子様の成年後見の申立てが難しくなるリスクに対応できます。

任意後見制度関係の報酬額のめやす

任意後見契約書作成①64,800円
財産管理委任契約書作成②64,800円
死後事務委任契約書作成③64,800円
上記契約①②③セットの場合162,000円
任意後見人業務月額32,400円から
財産管理事務月額21,600円から
見守り事務月額10,800円から(訪問1回・電話1回)
その他訪問・外出同行等1時間あたり5,400円

お問い合わせについて

まずはお電話(0797-26-7274)もしくはメールフォーム(お問い合わせ)にてご相談内容の概略をお伝えください。

そして、ご面談日のご予約をお願い致します。

当事務所では、適切な業務の遂行のために、お互いの信頼関係が大切と考えることから、ご相談者様と直接お会いして、丁寧に面談を実施させていただいております。

お電話受付時間  平日9:00~20:00
メールのご相談  24時間(返信は24時間以内を心がけます)
ご面談での相談  ご希望の時間帯を事前にご予約願います

★ご面談での相談は、事前予約にて土日祝(21時頃まで)も対応可能です。柔軟に対応致しますので、お気軽にご相談ください。
出張相談も可能です。



a:1837 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional