西宮市の行政書士。任意後見契約、車庫証明申請、自動車登録手続き、各種医療費助成申請代行、不倫慰謝料請求、離婚協議書作成、養育費請求、告訴状作成、内容証明、公正証書遺言原案作成・遺産分割協議書作成のご相談など

西宮市の行政書士。専門職による後見人・保佐人・補助人・任意後見人をお探しの方。候補者受任や任意後見契約書の作成手続きを致します。お気軽にご相談ください。

無縁墳墓のお悩み

兵庫・大阪の無縁墳墓のお悩み相談・手続き代行

詳しくは「お墓のお悩み ぼちぼち解決サイト」へ移動しました。
こちらを↑クリックしてください。

きちんとお墓参りもされ、檀家としての活動をしてくれているお墓以外に、承継者と連絡が取れなくなって頭を悩まされている寺院関係者の方は多いのではないでしょうか。
墓地での収入は、寺院経営に大きく影響すると思われます。

そうした寺院や霊園にある連絡の取れないお墓、このお墓を「無縁墳墓」として処理するためには一定の手順を踏む必要があります。

お忙しい寺院関係者の方や墓地管理者の方の代わりに、様々なお手続きを行います。
無縁墳墓

連絡がつかなくなった継承者・・・お墓を整理したいが・・・

お墓の整理をするには、無縁墳墓として法律上の手続きをする必要があり、現在は、官報に1回掲載し、墓地に立札を立て、1年以内に死亡者の縁故者や承継者など権利を有する方からの申し出を待つことになります。
そして期日までに申し出が無い場合に、無縁仏として改葬することになります。

またより早期に権利関係を確定させたい場合や、できるだけ承継者などに連絡を取り、話し合いを持ちたい場合などは、官報の掲載に先立ち、又は並行して、分かっている範囲からの戸籍での承継者の方の調査を行うお手伝いをいたします。

その結果をふまえ、

承継者に連絡が取れた場合には、

  • このままお墓を維持していくのか
  • 使用権を放棄するのか
  • 改葬して墓地内の「総墓」等に入れるのか
    をご判断いただき、利用規約や規則などと照らし合わせ、それに沿った合意書の作成手続きという流れになります。

継続・維持していく場合には今後トラブルが発生しないよう「承継者の地位の確認書」等の書類を作成、
使用権を放棄する場合には「使用権放棄承諾書(改葬承諾書)」等の書類を作成致します。

承継者が不明と確定できた場合には、

  • 法令に基づいた無縁墳墓の改葬手続き
    に入ります。

行政書士がお手続きを行うことにより、より早期に法律関係を明確化できることもあり、今後の墓地の経営にも資するのではないかと思われます。
古い墓地を整理することにより、昔ながらの雑然としたレイアウトの墓地も整然としたレイアウトに変え、新たな区画が誕生するかもしれません。

行政書士として、法律に則ったお手続きだけではなく、予防法務という観点から、出来る限り承継者や縁故者にコンタクトを取り、今後の話し合いが持てるよう、調査などに尽力いたします。
是非お気軽にご相談下さい。

行政書士による無縁墳墓処理サポート

無縁墳墓処理  行政書士がお手伝いできること

お忙しい墓地管理者やご住職に代わり、戸籍の調査や通知書等の作成、改葬手続きの代行を致します。
以下は例示です。ご依頼者のご希望により、柔軟に対処致します。

  1. 管理規約と無縁墳墓の管理費などの納付状況などを照らし合わせ、無縁墳墓の確定作業(配置図作成・位置明示)
  2. 無縁墳墓の承継者や縁故者等の調査
  3. 官報掲載手続きの代理
  4. 承継者等への通知書作成、状況により連絡代理
  5. 承継者等へ連絡がとれた場合、状況に応じ「承継者の地位の確認書」、「使用権放棄書」、「改葬合意書」等の作成
  6. 1年間の公告中、節目節目で写真撮影・報告書作成
  7. 公告後の無縁墳墓改葬手続きの代行

気になる判決 「無縁墓」撤去で寺が逆転敗訴

2014年2月27日付 判決
徳島市の寺にある祖父母の墓が、受け継ぐ人がいなくなった「無縁墓」と判断されて撤去されたとして、同市の女性が寺に約540万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁が訴えを退けた一審徳島地裁判決を変更、約370万円の賠償を命じていたことが14日わかった。
寺は法律で定められた手続きに基づき、立て札などで使用者からの連絡を求め、市から改葬許可を得ていたが、山下寛裁判長は「手入れの跡から使用者の存在が強く疑われたのに、調査義務を尽くさなかった寺には過失がある」と判断した。
             (中日新聞 web版より抜粋)

無縁改葬の手続きは公法上の手続きであり、私法上の墓地使用権が消滅していることを前提として無縁墳墓の改葬ができるというのが法律のたてまえであると考えられますが、
この判決を見ると、公法上の無縁改葬の手続きを行うだけでは、寺側に過失などが認められると、私法上の損害賠償責任からは逃れられないことを意味しています。

そのため、無縁と判断して手続きをすすめた根拠をしっかりと残していく必要があると考えます。
例えば、

  • しっかりと戸籍調査等と行い、承継者や縁故者を探す努力を怠らない
  • 官報掲載、立札掲示の間も、墓参りに来る人がいないか、命日やお彼岸、お盆などの節目節目に現場確認や写真撮影を行い、文書でも記録しておく
  • 出来る限り、承継者や縁故者が見つかりやすいように、官報だけではなくHPなどにも掲載して、気づかれやすくする
    等の対策を取っておく方が安心です。

行政書士は予防法務の専門家として、後のトラブルを回避できる対策を取っていきます。

無縁墳墓 お手続きの流れ(概略)

①墓地台帳、過去帳の整理、墓地の現状図による無縁墳墓の調査、配置図の作成、墓地管理規約等と照らし合わせ無縁墳墓を確定


使用権の管理に問題を生じている墓の洗い出し作業です。

            ↓

②承継者や縁故者を探すために、戸籍調査、所在を調べます。


管理者側からの情報を基に、行政書士が調査致します。

            ↓

③承継者や縁故者に通知を発送、今後の承継の意思確認を行い、

  • 「承継者の地位確認書」(仮)
  • 「改葬承諾書」(仮)

など、状況に応じた権利確定書類を作成致します。
改葬を行う場合には、通常の改葬許可申請となります。


必要であれば、行政書士が通知書発送、意思確認作業などのやりとりを行います。

            ↓

④連絡が取れない無縁墳墓に関しては、官報掲載手続きを行います。


官報掲載手続きは行政書士が代行します。

            ↓

⑤官報掲載、立札掲示(1年間)


官報に記載したものと同内容の看板を立てる必要があります。
看板作製に関しては別途ご相談。

            ↓

⑥1年間の間に申し出が無いか、立札の状況、無縁墳墓の状況等、定期的に確認を行います。


行政書士が写真撮影や記録を行います。

            ↓

⑦申し出が無い場合には、無縁墳墓と確定し、無縁改葬許可申請手続きをとります。


行政書士が無縁改葬許可申請を代行します。

お問い合わせ

無縁墳墓 改葬手続きの料金

以下は目安となります。
墓地整備の数やお手伝いさせていただく内容など、詳しくお話をお伺いしたあとに、個別にお見積り・ご相談させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

①承継者調査32,400円
②承継者への連絡文書作成・取次21,600円
③合意書等作成32,400円
④官報掲載手続き代行掲載料実費
無縁墳墓整理手続き(①②③④まで含む)86,400円(1墳墓あたり)
無縁改葬許可申請代行21,600円(1件あたり)
出張相談6,480円/1時間あたり
交通費・日当交通費実費・日当1時間あたり5,400円

*郵送費や戸籍等取り寄せにかかる料金などは実費を頂きます。

合意書作成までの業務は全国対応が可能です。
ご相談から合意書作成に至るまで、お電話やメール、FAX、お手紙などで業務を進めます。
お近くでしたら、ご相談に伺います。

*無縁墳墓整理手続きの場合、業務受託範囲は兵庫県・大阪府・京都府・滋賀県の一部となります。
お気軽にご相談ください。

無縁改葬

ご相談について


まずはお電話(0797-26-7274)もしくはメールフォーム(お問い合わせ)にてご相談内容の概略をお伝えください。
初回のお問い合わせは無料です。
(法律的な判断を要するものや複雑な事案の場合など、お電話ではご回答できない場合もございます。)

お電話受付時間  平日9:00~20:00
メールのご相談  24時間

ご相談内容の概略をうかがい、具体的なご相談日時を決めさせていただきます。
ご相談から手続き代行まで、女性行政書士が責任をもち一貫して業務にあたります。


a:212 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional