介護サービス提供者の方と成年後見制度の関係

介護サービス提供者の方と成年後見制度の関係

要介護高齢者の方と日々接する介護サービス提供者の方で、このようなご負担をお感じになられている方はいませんか。

[check]要介護高齢者の方の財産管理について頼まれることがあり、負担が多い
[check]身寄りがなく、ケアプランの内容やどれだけ介護保険を使うかなどについて相談できる人がいない
[check]お一人で暮らされている要介護高齢者の方の財産管理を含め、法的な面でサポートが必要だと感じている

このようなお悩みには、成年後見制度が利用できます。

たとえば成年後見制度を利用し、後見人などを選ぶことにより、認知症の方など判断する能力が不十分な方に以下のような支援をすることができます。

【生活や療養看護に関する事務】

s_illust400(1)
  1. 介護サービスの利用契約
  2. 医療(入退院)契約
  3. 各種福祉サービスの利用契約 など

【財産の管理に関する事務】

  1. 現金・預貯金通帳・証券等の管理
  2. 各種支払
  3. 不動産の管理・処分 など

成年後見制度のご相談は行政書士へ

当事務所では、高齢者の方、障がい者の方のこの制度のご利用について様々なご相談を受け付けております。
私は、一般財団法人コスモス成年後見サポートセンターに入会しており、制度や実務についての研修を受け、成年後見サポートセンターより指導・監督を受け、万が一に備えて成年後見賠償責任保険にも加入しています。

高齢者の方、障がい者の方の状況に応じたサポートを致します。
どうぞ安心してご相談ください。
お問い合わせ

a:621 t:2 y:0