不倫警告書作成

不倫をやめさせるには 不倫相手へ警告書を出すこと

慰謝料をいきなり請求するのではなく、不倫をやめさせることを第一の目的にするなら、まずは交際をすぐにやめるように通知する警告書を出して、相手側に反省を促し、今後の約束を形にした合意書(誓約書)を書いてもらうほうが良いです。

なぜなら、通知を行うことで、少なくともそれ以降は、不倫相手に故意があると主張しやすくなりますし、通知後も不倫関係を続けるのであれば、その事実自体が不法行為を構成すると主張することが可能となるからです。

警告書を出す際には、普通郵便、書留、その他出した内容と出した日付を証明できる「内容証明郵便」を使うなどの選択肢があります。
相手側の性格や様々な状況などを考慮に入れ、効果的な手段で差し出すことになります。
また、警告書の文末には、ご依頼者の方のお名前と併記して、書面作成を行った法律家である行政書士の記名と職印を押印することもできます。
本気で不倫をやめさせようとしているという強いアピールにもなり、不倫行為を抑止するための一定の効果が期待できる場合もあります。

警告書には、不倫を警告する内容を記載しますが、行き過ぎると脅迫や名誉棄損罪で逆に訴えられる可能性もありますので、相手側の性格や事実、現在の状況などを考慮して、記載内容や送付先等には特に気を遣う必要があります。

不倫の事実が明らかな場合の警告書

警告書を差出し、相手側からなんらかの謝罪を受けたとしても、以後の不倫関係が無くなる保証はどこにもありません。
やはり、今後の不倫への抑止力を強めるには、最初の段階から不倫のペナルティーとして、慰謝料を請求しておくほうがいい場合もあります。
相手側と交際を止めることで合意できたら、かならず、合意内容を文書にしておきましょう。
今後の配偶者への連絡の禁止や、今後約束を破った場合の違約金を記載しておくことで、不倫を断念させる抑止力にすることができます。

警告後は合意内容を文書にしましょう

不倫相手に警告した後は、今後の交際禁止の約束の内容をしっかりとした合意文書にしたり、相手から誓約書を取り付けておくことをお勧めいたします。
相手からの謝罪を得るだけでは、今後の交際が続く可能性もあります。
交際が継続されないよう、様々な約束事を取り決め、文書を残しておくほうがよいでしょう。
約束に違反した場合の違約金も、違法にならない程度に定めることで、交際継続の抑止力となり得ます。
相手方に要求したい事項を伝え、合意書(誓約書)を取り交わすまで、当事務所がサポート致します。

当事務所のサポート内容

状況に応じた通知文を作成いたします。お気軽にご相談ください。

  • 警告書送付に関するご相談
  • 警告書の文案作成
  • 内容証明郵便等の通知書の発送
  • 発送後のフォロー
  • 合意書作成、誓約書作成
  • 合意書(誓約書)を取り交わすまでのサポート

警告書関係の報酬額のご案内

警告書作成 32,400円~
誓約書作成 10,800円~ 相手方に送付するものとなります
郵送費等経費 実費

初回相談時にお見積り致します。
お気軽にお問い合わせお問い合わせフォーム)ください。

a:981 t:3 y:0